歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前とくらべて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。沿うなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医師に全て話しておきましょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯とくらべて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことが出来ます。

インプラントの施術には、歯科医師師に加えて、義歯を造る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険は聴かず自由診療なので、治療費は高額になっています。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
プラスチックの差し歯とくらべると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯をきれいに形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医師を捜したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医師を探すということも考えていきましょう。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医師が研修をうけています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。

まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。